インプラントの種類

インプラントの種類について

インプラントの種類の1ピース

インプラントには1ピースと2ピースの2種類があります。1ピースは、歯茎に埋め込む部分と歯の土台の部分が一体化したもので、1回の手術ですみ、患者への負担は少なく、費用も少なくて済みます。2ピースに比べ、早く歯を入れることもでき、強度もあります。ただ、適用できるのは、骨の厚みのある人に限られます。デメリットとしては、埋め込んだ方向で、入れる人工歯の形が決まってしまいます。また、土台に問題が生じたときは、埋め込んだ部分からすべて取り除かなければなりません。インプラント治療を受ける前に、必ず歯医者さんに相談し、適切な方法を選びましょう。

インプラントの種類を比較

インプラントとは、失われた歯あった部分のあごの骨に人工の歯根を埋め込み、それを土台として人工の歯を取り付けます。あごの骨に直接器具を埋め込むので、差し歯とは全く治療法が異なります。インプラントの種類は、1ピースタイプと2ピースタイプがあります。1ピースタイプは、人工歯根と上部構造を連結するアバットメントが一体化しているタイプです。なんらかのトラブルがあった場合には、丸ごと撤去しなければならないリスクもあります。2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントをネジで連結させるタイプです。接続部の形状による違いがあるため、それぞれの形状に合わせたアバットメントが必要です。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントの種類について All rights reserved